日本エコシステムで便利な太陽光発電|SUNキューエネルギー

一軒家

体に有害な物質

男性

建物が建てられる際には、さまざまな効果をもたらすアスベストが豊富に用いられていることがあります。アスベストは、カビや湿気に強く、温度を均等に保ちやすいという特長があることから、昔から住宅にも用いられていたでしょう。しかし近年、そのアスベストが人間の体に有害であることが判明したのです。知らぬままで、アスベストが多く含まれている壁や屋根を、高圧洗浄機を用いて掃除するといったことがあると、有害なアスベストが広く飛散してしまいます。それを吸い込んでしまった人は、健康被害がもたらされる可能性があります。そうならないよう対策を取りましょう。

アスベストは、日本の建物に多く使用されているものですが、2009年には世界基準がようやく定まり、建物建築に要する建材の製造や輸入が厳しく禁止されることになりました。そのメリットは大きく、人にとって安全な建物が多く建つようになったでしょう。しかし、基準が定まる以前に建てられた建物は、そのままアスベストが乗っている可能性があります。健康被害の対策を取る為、アスベストを専門的に除去する業者も現れました。設置が増えている太陽光発電パネルを購入する際には、設置するスペースにアスベストが乗っている可能性もあるので、設置の際に除去するか、飛散しないよう対策を取ることです。業者の中には、アスベストがすでにあるということを考慮して、飛散対策を取りながら設置を可能としているところもあるのです。その工法は、屋根に直接穴を開けないことでアスベストを飛散させない方法です。